« ろくの運動会 | トップページ | 鳥取砂丘 »

2012年10月 7日 (日)

やきいも

Pa073562Pa073575
運動会の翌日から2泊3日で岡山県の家に遊びに行きました。

本当はキャンプに行こうと言っていたこの連休ですが、まだ車も戻って
きていないし、急遽場所をじいじとばあばの新しい家がある粟倉に変更。
このお家に遊びに行くのは今回で2回目です

Pa073553_2
Pa073559Pa073573

粟倉は自然がいっぱい。家の横には川が流れていてその横を
ろくといとちゃんと散歩に行くことにしました。
ねこじゃらしがたくさん。すすきもたくさん。
秋だなぁ…


Pa073572
パパは家の横の草むらでカエルを見つけました。ケロケロ…
今時期たくさんいるようです

夕方になって少し肌寒くなってきたような…


Pa073576

パパとろくが焚火をはじめました。田舎だとキャンプじゃなくても
焚火できるんですね~いいなぁ。
石を並べて草を集めて、
その辺にある雑草とじいじからもらった廃材に火をつけますが
煙がでるばかりで、火がすぐ消えてしまいます

焚火もなかなか難しいなぁと思っていたところに、

お隣のすがさんが灯油と枯れ木の束を持ってきてくれました。
「これで焚火したら燃えるよ」と助け舟。

Img_2746
ありがたい~

Img_2227Img_2228
少し灯油をかけてから燃やすと火がついた

Img_2239Img_2242

どんどん木の枝を足していきます。
ろくは火が怖いので遠くから投げいれようとするけど、
それも火まで届かず

Img_2252Img_2255

焚火いいなぁ、あたたかいなぁ、火がきれいやなぁ、と思いながら
しばらく焚火を楽しんでいたら、

今度はすがさんが「はるか」というさつまいもを持ってきてくれました。
この「はるか」というサツマイモ、近くの八百屋さんに売っているそうなんで
すが、本当に甘いから食べてみてと焼き芋用にくれました。
わざわざ買ってきてくれたのかなぁ。ありがとうござます。

すごーーい

焼き芋ができる

まさかこの焚火が焼き芋の火に変わるなんて思ってもいなかった

Img_2259_2
まだかなまだかな…

焼き芋ができるまで20~30分。

アルミが破けたらまた巻きなおして、大事に大事に焼くこと30分。

Img_2264Img_2269
できた~~

Img_2276

割ってみると、美味しそう~

Img_2291Img_2267_2
ろくがいちばんにかじりつきました。
美味しい~甘い~こうばしくて最高

Img_2305_2Img_2308
いとちゃんも食べました。美味しいね
細いおいもは「ザ・焼きいも」という甘くて美味しい味。
大きな太いいもはまるで「栗」のような味。

ろくはとってもおいしかったようで、最後の一本はろくが食べるから置いておいて
といって一人占めしていました(笑)

大人になってはじめてした焼き芋。
風情が合っていいですね
すがさんオススメのおいものはるかは本当にめっちゃめちゃ甘くておいしかったです


Img_2310
暗くなったのでお部屋遊び。

Img_2316Img_2326
Img_2314
夜はバーベキューを御馳走になりました

焚火して、バーベキューしてキャンプみたい
寒い寒いと言いながら、寒さもふっとぶ美味しいお肉でした




« ろくの運動会 | トップページ | 鳥取砂丘 »

子育て日記」カテゴリの記事